処方箋が必要な医薬品を通販で買うときはどうするの?

錠剤の薬の工夫

可燃ごみで薬を処分

薬袋などに記載の、食前や食後や食間に薬を飲む理由は何でしょうか。
あまり気にしない人も多いかもしれませんが、薬効に影響するので、守った方が回復が早いです。
漢方薬や、一部の胃腸薬、血糖値のため糖尿病薬などは、食事の前に飲む方が効果的です。
先に食べた胃の中にある食べ物と薬が混ざると薬効が弱まるためであったり、食後に血糖値が急激に上昇するのを防がなければならない糖尿病患者のための薬も食前に飲むと効果があります。
食後の薬は、刺激の強い薬などで、胃に何か食べ物がある状態で飲むと胃が荒れずに効果があります。
食後と記載の薬を飲む目途は、食後30分までに飲みましょう。
食間の薬は、食後の2時間程度経過後に飲むといいです。
胃腸薬や漢方薬に有効です。

成分を環境汚染にしないよう注意

医薬品は、水かぬるま湯で飲むと効果的です。
水などと一緒に薬を飲まないのは、良くありません。
飲み込む時にカプセル剤等は湿気に弱く、錠剤等も、喉や食道等にくっついてしまった時に、粘膜を損傷する恐れがあります。
薬は水かぬるま湯をコップに1杯の約200CCで飲む方が、胃にもやさしいです。
薬の溶け方次第で、その吸収も違います。
抗生物質や解熱鎮痛剤等の強い薬は、多めに水分を摂りながら飲むことで胃が荒れません。
お茶や他の飲み物などで薬を飲むと良くありません。
薬が飲み物の成分と合わない場合には、重篤な症状を引き起こす恐れがあります。
血圧の高い人など降圧剤他を飲んでいる場合は、グレープフルーツ等を摂取することはできません。
薬の代謝にかかわりますので気をつけましょう。