処方箋が必要な医薬品を通販で買うときはどうするの?

購入のツール

医師、歯科医師、薬剤師、文書の説明義務

医療用医薬品は、医師が患者に対して処方し、症状や体質を考えて処方する薬のことです。
要指導医薬品と一般用医薬品は、患者が自分の考えでその症状と薬の効果を合わせて購入できる薬です。
OTC医薬品の呼称になり、市販薬や大衆薬という呼び方もあります。
医療用医薬品は医師が患者の処方箋を書き、それに基づき薬剤師が薬を調剤します。
薬の成分が強いイメージで、効果が大きく、副作用も多い薬です。
要指導医薬品は、医療用医薬品から一般用医薬品に変わって時間が経っていないものです。
副作用等もよくわからない部分もあるものもあり、薬剤師さんの説明を聞く義務があり、インターネットショップなどでは購入できません。
一部の解熱鎮痛薬やアレルギー薬などが要指導医薬品の主です。

一般用医薬品3種

第一類医薬品は、薬剤師の説明を聞く義務があり一般用医薬品の実績がない薬などで、副作用や飲み合わせが安心できないものもあります。
安全上の理由で、特段に気をつけましょう。
全てではありませんが解熱鎮痛剤、毛髪剤が第一類医薬品です。
第二類医薬品は、一般的に副作用や飲み合わせが大切で、安全上気をつける必要があります。
薬剤師または講習受講済みの登録販売者の説明を聞きます。
努力義務のうちです。
解熱鎮痛剤や風邪薬が一般的です。
第三類医薬品は、副作用に安心はできないし安全上も多少の注意を要し、薬剤師または講習受講済みの登録販売者の説明は特に必要ありません。
全てではありませんがビタミン剤や整腸剤や消化剤などが第三類医薬品です。